食事の大切さ|食事の順番や時間で高血圧や高血糖を抑えることができる
レディ

食事の大切さ

食事

腎臓病には時期があり、それは透析を境に分けられます。そして、食事療法はいずれの時期にも治療に有効な手段となるのです。透析導入前の保存期であれば、食事療法を行なうことでその後に控える腎不全の進行を遅らせることができます。そうすることで透析の導入を遅らせることに繋がるのです。一方、透析導入後の状況であっても、食事療法が安定的な透析の継続に重要な役割を果たします。
腎臓病によって腎臓の機能が低下することで、排泄物が排出されづらい体になります。排泄物が体外へ排出されないことによる体内への影響は様々なものがあります。例えばこの状態でたんぱく質を摂取しすぎると腎臓の働きが弱っているためにより負担がかかるのです。従って、腎臓病においてはたんぱく質の過剰摂取に注意が必要です。同様に、塩分も摂取しすぎないようにしなければなりません。
一方で、制限をかけすぎることによる必要な栄養素の不足にも注意が必要です。制限する栄養素と摂取すべき栄養素を明確にするという観点から、食事療法が大事になってくるのです。
食事療法は、患者の状況によって内容が異なってきます。それぞれの患者に適した食事療法があり、腎臓病という病気の観点から見ても適した食事療法があるのです。具体的な内容は、医師と管理栄養士の指導を受けることが重要なのです。最初のうちは戸惑うこともあるでしょうが、コツを掴むことで次第に把握できてくることでしょう。食事療法を取り入れ、病気の進行を防いでいきましょう。