薬と栄養|食事の順番や時間で高血圧や高血糖を抑えることができる
レディ

薬と栄養

婦人

栄養療法の礎となっている栄養学には、「不足している栄養素は補う」という考えがあります。ここで扱われる不足という言葉は、様々な捉え方をされています。単純な栄養素の不足を補うという考えもあれば、栄養素の欠乏症を招く元となる潜在性の欠乏状態を含む考えもあります。現在の食事において発症するのは、潜在性の欠乏状態が多いとされています。一方で、その状態に陥るには様々な原因があり、それを栄養素を用いることで対応するという考えが栄養療法の考え方といえるでしょう。
栄養療法が用いられるのは栄養素の不足を補うことだけにとどまりません。細胞を構成する分子のバランスの乱れを栄養素を用いて整えることで、栄養を治療に用いるという考えがあるのです。それは健康維持や不足分の補給だけに収まらない新しい栄養療法の考え方です。そういった治療を用いる場合、至適量が必要となる場合があります。これは一日の摂取量などといった、いわゆる適量とは異なる考え方です。
場合によって、至適量は適量の何十倍もの量となることもあるようです。また、栄養素の代謝の特性を把握し、様々な栄養素を用います。そうすることで、それらの栄養素が相互作用を起こすのです。こういった考え方は栄養療法の新しい考え方です。
世の中の病気に対する治療としては投薬治療が一般的ですが、それとは異なる観点から治療に取り組むのが栄養療法です。細胞が自ら回復することを積極的にサポートしていくのが栄養療法なのです。

栄養療法を受けるとなると病院にかかる費用が発生してしまいます。ですから、事前に病を防ぎたい場合やセルフケアで改善していきたいという場合は病食宅配サービスを利用しましょう。病食宅配サービスで提供されているメニューには様々なものがあり、高血圧の人向けのものや糖尿病の人、また歯が弱くて柔らかい食事しかとることが出来ない高齢者向けのメニューがあります。目的に合わせて病食宅配サービスが利用できるので、健康を維持するために積極的に活用することが望ましいといえます。利用する病食の宅配サービスですが、一食あたり500円~1,000円で宅配してもらうことが可能です。お店で販売されている弁当よりも少し高いのですが、健康のことを考えて作られた食事になるので病気にかかったり、悪化するよりも安いといえるでしょう。